*

[Unity]Unity2Dで3マッチパズルを作ろう~インストール編~

公開日: : 最終更新日:2014/11/24 PC, Unity

Unityの2D機能で3マッチパズルでも作ろうかと思ったのですが、ほとんど資料がない。
Unity 2Dの使い方を調べようにも大体が英語。
というわけで、自分で作ればええんとちゃうか、と思い至って、 初心者の方の助けになればよいかなぁと思いながら始めます。

第一回はインストール編。 新しいことを始めようと思ったときに、一番面倒なのは環境づくりなんですよね。 まずは公式サイトにいってダウンロードをします。
ちなみにインストーラが1.2GBでインストール領域が6GB近く使われます。

リンクは↓
公式サイト

公式サイトに到着したら、右上のDownloadをクリックして

Unity1_1

 

 

 

 

そしてダウンロード。 Unity1_2 ダウンロード出来たらファイルを実行。 英語ですけど、Next連打してInstallでOK。 ちなみに私はMac版はすでにインストールして利用しているので、今回はWindows版です。 流れに違いはほとんどありません。 Unity1_3インストールが終わったら「Run Unity」にチェックを入れたままFinishをクリック。 Unity1_4 こんな感じのかっこいいローディングが入って起動します。 Unity1_5 「Active the free version of Unity」を選択してOK。
有料版を買っても最初から使いこなせません。というか無料版で十分です。 (猛者ならば買ってください。月75$とかなんとか)

Unity1_6 上から順番に
名前
メールアドレス
パスワード(8文字以上、大文字小文字のアルファベットを含む、数字を含む)
もう一度パスワード を入力して、「I agree to the Unity Terms of Use and Privact Policy」にチェックを入れて「OK」
無事アカウントを登録するとこんな感じでメールがくるので「Confirm my account」をクリックして承認してください。

Unity1_9 さっきの画面でログインするとおめでとうございます。 Unityが使えるようになりました。 「Start using Unity」をクリック。 Unity1_10 こんなウィザードが出てくるので、「Create New Project」のタブを選択して、「Setup defaults for」を「2D」にして、「Create」。 ProjectLocationはお好きな名前にしてくださいませ。 Unity1_11 Welcome To Unity. 「Show at Startup」のチェックをはずすと次回から表示されなくなります。 Unity1_12 これがUnityの基本の画面です。 Unity1_13 以下の画像を見てから解説。 Unity1_14
(1)Hierarchy 階層ですが、フォルダ構成じゃありません。ゲームの画面に表示されているものがここに表示されます。ちょうど「Main Camera」が既に存在しているので存在しているのがわかりますね。
(2)Scene Gameの物を置くところです。実際のゲーム画面とは違うので、画面外を見ることが出来たりします。物はここにドラッグ&ドロップしたりします。 ちなみに実際のゲームシーンはタブをGameタブに切り替えると見ることが出来ます。まだ何もありませんけどね。
(3)Inspector 物の設定をします。プロパティです。一つ一つに設定したり、複数を選択して、共通の設定をすることも出来ます。
(4)Project いわゆるフォルダです。現在は表示されている「Assets」というフォルダが表示されていますね。 綺麗にまとめておかないとしっちゃかめっちゃかになりますので、注意して整理しておくようにしましょう。

右上の「Layout」をクリックするとドロップダウンして、プロパティなどの配置の仕方を選べます。 Unity1_15 どれがよいかは好みですが、私のお勧めは「2 by 3」。

Unity1_16 こんな感じで左から「Inspector」「Hierarchy」「Project」と並べておくと、 Ctrl+3でInspector Ctrl+4でHierarchy Ctrl+5でProject といった左から順番という感覚でショートカットが使えていい感じです。
Macの場合は「Ctrl」を「command」と思ってください。 ちなみに今後説明していきますが、「Animation」というタブも私は追加して「command(Ctrl)+6」で利用しています。

真ん中の再生マークを押すか「Ctrl+P」でゲームを再生できます。
Unity1_17 再生するとわずかに画面が暗くなるだけで何も起きません。
先ほどの再生ボタンが停止ボタンに変わっているのでもう一度押す(Ctrl+PでもOK)と明るくなります。
再生中にも設定をいじってデバッグをすることが出来ることはそのうち思い出してください。

折角なので少し動かしてみましょう。 上部の「GameObject」から「CreateOther」を選択して「Cube」をクリックしてください。 Unity1_18 画面上に四角が現れましたね。

Gameタブの方が黒いのは光が無いせいです(次回以降詳しく)。 Hierarchyの「Cube」をクリックして、「Add Component」をクリックしてください。 Unity1_20 出てきたダイアログで「Physics」→「Rigidbody」を選択。

するとInspector(プロパティ)の部分に追加されます。 Unity1_21 Unity1_22 それでは満を持して実行してみましょう。 Unity1_23 四角が落下するように下へ移動しました。

そう、先ほどの「Rigidbody」を追加することによって重力が働くようになったのです。 こんな簡単に重力が実装できるものなんてそうそうありません。
それがUnityの魅力ですね。 Rigidbodyは剛体を意味する言葉らしいです。力学で使われる言葉ですね。
Unityでは重力の設定や摩擦抵抗の計算などを行うための設定値を入れることにより、物理演算がされ、それに基づいた動きをしてくれます。 そんなこんなで動かすところまではこれました。

本日はこれまで。

次回をお楽しみに。
次回更新しました→[Unity]Unity2Dでスプライトを利用する

 

 

↓どうしても待ちきれない人へお勧めの書籍↓ 読んでみたけど、なかなか手軽な内容です。

初心者に丁度よい情報量だと思います。初心者を抜け出した頃だと少し物足りないかも?
Scriptについても超基本までは解説してあるのでこれを覚えてアルゴリズムを考えて覚えていきました。

ad

関連記事

unity

[Unity]コードリファレンス GameObjectを親子関係にする。

親子関係にして、親が動いたら子も動くような動きをさせます。 transform.parentプ

記事を読む

unity

[Unity]コードリファレンス GameObject生成

Unityをまじめに扱う必要が出てきたので、自分用のリファレンスを書いていきます。 適当にボタ

記事を読む

Wannabenote

[Unity]Unity4.6 UIチュートリアル Lesson8.UI Transition 日本語要約

Unityまとめページはこちら。 Lesson7.UI Sliderの続き。 Transit

記事を読む

Wannabenote

[Unity]Unity2Dチュートリアル パズルを落下させる。

前回の続き。 とりあえず、パズルが消えたので、パズルを落としましょう。 以下のようにソースを

記事を読む

Wannabenote

[Unity]Unity4.6 UIチュートリアル Lesson10.UI Scrollbar 日本語要約

Unity関連まとめページはこちら。 前回のScroll Rectの続き。 UI Scr

記事を読む

unity move

[Unity]コードリファレンス GameObjectを移動する。

移動します。 transformプロパティ GameObjectのtransformプロパテ

記事を読む

Unity_

[Unity]Unity4.6 UIチュートリアル Lesson5.UI Text 日本語要約

前回の続き。今回はUI Textについての説明。 とはいえ、さすがにテキストなので、あまり説明

記事を読む

Unity_

[Unity]Unity 2Dチュートリアル スプライトを元の位置に戻す

前回ドラッグして移動するところまでは作成したのですが、パズドラって、タップしてもその場から動かさなか

記事を読む

Unity_

[Unity]Unity2Dチュートリアル 画面上のGameObjectを左下から取得する ソース解説

◆全文 public class GameSystem : MonoBehaviour {

記事を読む

Unity_

[Unity]Unity2Dチュートリアル 直線で3つ同色のパズルを消去する ソース解説

◆全文 using UnityEngine; using System.Collection

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

ad

  •  Auther;わなび

     「オープン系得意だよね? 俺のPCの調子悪いんだけど」という無茶振りから解き放たれゲームエンジニアに。
    C#とかUnityを扱います。
    Twitterフォロー大歓迎です。
    githubアカウント→wannabenote
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑