*

[Unity]Socket通信でP2Pすっぞ ホストへ接続

公開日: : 最終更新日:2015/08/10 C#, Unity, ソース

前回はホストが待ちうけするところまで作りました。

今回はクライアントがホストへ接続できるようにコードに追加していきます。

接続できるようにソースに追加

マークしてあるところが前回に追加やら変更した部分です。

特にイベント通知の部分がマルチスレッドからUI.Textを触ると例外が発生するので、通知したイベントをそのままフィールドで持たせるようにしています。

接続するためのボタンを配置

socket p2p unity

テスト

テストするには2つ起動する必要がありますので、buildします。
FileからBuild & Runを選択して、一つ起動し、Unityエディタでも実行し、二つ起動するようにします。
Wannabenote_unity

そして片方でStartServerボタンをクリック、もう片方でConnectToHostボタンをクリック。
すると両方とも接続中になり、ソケット通信が確立されます。
unity socket p2p

つづく。

ad

関連記事

Delgate Multi Thread

[C#]マルチスレッドとイベントハンドラでデータベースのテーブルの値の変更を検知する。

システム利用中にデータベースの内容が更新 こういったシステムは往々にしてあるかと思います。 特に

記事を読む

Unity_

[Unity]Unity 2Dチュートリアル スプライトをクリック(タップ)して削除する

前回、スプライトを置くことが出来たのですが、動かせるようにしたいところです。 ドラッグして動

記事を読む

unity

[Unity]コードリファレンス GameObjectを親子関係にする。

親子関係にして、親が動いたら子も動くような動きをさせます。 transform.parentプ

記事を読む

logo

[C#]XML Serializerで読み書き

XML XMLを触りたいので適当にメモ書き 書き出し using System.IO;

記事を読む

unity

[Unity]コードリファレンス GameObject生成

Unityをまじめに扱う必要が出てきたので、自分用のリファレンスを書いていきます。 適当にボタ

記事を読む

Unity_

[Unity]Unity 2Dチュートリアル スプライトをドラッグ(タップ)して移動する

前回はスプライトの簡単な操作を覚えました。 今回はスプライトを移動させてみましょう。 ドラッグして

記事を読む

Wannabenote

[Unity]Unity4.6 UIチュートリアル Lesson10.UI Scrollbar 日本語要約

Unity関連まとめページはこちら。 前回のScroll Rectの続き。 UI Scr

記事を読む

unity socket

[Unity]Socket通信でP2Pすっぞ 接続待ち受け

P2Pしましょ。 まずはサーバーとして待ちうけまで作ります。 UnityだとNAT越えどうす

記事を読む

Unity2_1

[Unity]Unity2Dチュートリアル スプライトを利用する

前回の続き。 早速、スプライトを設置して作っていきましょう。 ※スプライトとは スプライ

記事を読む

Unity_

[Unity]Unity4.6 UIチュートリアル Lesson6.UI Events and Event Triggers 日本語要約

前回の続き。 ついにずっと画面で見えていた謎のEventSystemに触れます。 なんか

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

ad

  •  Auther;わなび

     「オープン系得意だよね? 俺のPCの調子悪いんだけど」という無茶振りから解き放たれゲームエンジニアに。
    C#とかUnityを扱います。
    Twitterフォロー大歓迎です。
    githubアカウント→wannabenote
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑