*

[Swift]Swiftチュートリアル。SwiftDataでInsertを発行する方法。

公開日: : 最終更新日:2015/02/23 Swift

CreateTableを前回出来るようになったので、今度はデータを挿入してみましょう。

Swift入門まとめページはこちら→Swiftまとめページ

記事の概要

  1. アクションのメソッド名変更と貼り直し
  2. SwiftDataによるデータの挿入

準備

ボタンの追加

ボタンを二つほど追加します。

そしてそれぞれがわかりやすくなるように、Titleを変更しておきます。
具体的には”Insert Button”と”Select Button”を追加します。
Titleの変更はパーツを選択して、右上のカーソルアイコンをクリックして、”Title”を変更します。
swift
StoryBoard上の表示は”In…on”のようになりますが、実際に実行すると表示されるので気にしないでください。

二つボタンを追加してこんな感じ。
swift

次に前回のようにそれぞれのボタンにアクションを追加します。
“Insert Button”には”dataInsert”、”Select Button”には”dataSelect”あたりにでもしてアクションを追加しておきます。

ついでに、前回作成したテーブル作成のメソッド名が、showHelloiのままなので、createTableに変更しwannabenoteておきます。

メソッド名を変えただけだと、実際に”Button”をクリックしたときに
Thread 1: signal SIGABRT
と表示され、エラー中断されてしまいます。
今回の場合は”Button”のアクションに以前の”showHello”が紐付けられており、そのshowHelloを呼び出そうとして、記述されていないため、エラーとなっています。

というわけで、Actionを貼り直します。

storyboardでメソッドを貼り直したいパーツを右クリックします。
こちらの”Touch up inside”が実際にリンクされているActionです。
swift

showHelloは不要なので、×ボタンをクリックして削除してください。

次に”Touch up inside”の右側にある○ボタンをドラッグして、リンクしたいメソッドにドロップします。
wannabenote

アクションを設定することが出来ました。
wannabenote

データ挿入

データを挿入する処理を記述

それでは早速dataInsertのメソッドに処理を記述してみましょう。

@IBAction func dataInsert(sender: AnyObject) {
	let name: String = "Wannabe"
	let role: String = "Admin"
	let created: NSDate = NSDate()
	let modified: NSDate = NSDate()
	
	let sql = "insert into users(name, role, created, modified) values(?, ?, datetime('now', 'localtime'), datetime('now', 'localtime'))"
	
	if let err = SD.executeChange(sql, withArgs: [name, role]){
		uiLabel1.text = "データが挿入されませんでした。"
	}else{
		uiLabel1.text = "データが挿入されました。"
	}
}

現在時刻を入れるSQL

sqliteで現在時刻を挿入する場合、

というSQLの関数を利用します。

SQLの実行

SwiftData.executeChange(sql, withArgs: [name, role]){
このようにSwiftDataのexecuteChangeメソッドを呼び出します。
第二引数に、?に対応する値を渡してあげます。

実行結果

swift

データを挿入することが出来ました。

ad

関連記事

swift

[Swift]Swiftチュートリアル。SwiftDataで取得したデータをTableViewにデータを出力する。

いよいよSwiftDataからデータを取得してTableDataViewに出力してみます。 S

記事を読む

wannabenote

[swift]Swiftでデータを扱うアプリを作りたい。sqliteのラッパーSwiftDataを初期設定。

Swift入門まとめページはこちら→Swiftまとめページ 息抜きに 基本飽き性なので、ある

記事を読む

wannabenote

[Swift]Swiftチュートリアル。ボタンを真ん中に配置して処理を記述する方法。

前回(SwiftData設定)の続き。 Swift入門まとめページはこちら→Swiftまとめペ

記事を読む

swift

[Swift]TableViewControllerにナビゲーションバーを追加する方法

画面遷移するのに大切なナビゲーションバーのお話。 Swift入門まとめページはこちら→Swif

記事を読む

swift

[Swift]Swiftチュートリアル。SwiftDataでCreate Tableする方法。

前回、ボタンを配置できたので、いよいよデータベースを扱いましょう。 Swift入門まとめページ

記事を読む

swift

[Swift]Swiftチュートリアル。SwiftDataでデータをselectする方法。

データの挿入が出来たので、データを取得してみましょう。 Swift入門まとめページはこちら→S

記事を読む

swift

[Swift]Swiftチュートリアル。コントロールを複数綺麗に並べる。

ちょっと趣向を変えて、コントロールの並べ方です。 綺麗にコントロールを並べるにはコツがいります

記事を読む

swift

[Swift]TableViewControllerにナビゲーションバーを追加する方法 その2

前回のTableViewControllerにナビゲーションバーを追加する方法の続きです。 S

記事を読む

swift

[Swift]Swiftチュートリアル。コントローラを複数綺麗に並べる。その2。

前回、Swiftで真ん中にコントロールを配置した続き。 Swift入門まとめページはこちら→S

記事を読む

swift

[Swift]Swiftチュートリアル。UITableViewControllerを設定する。

データが取得できるようになったので、今度はデータを複数表示してみます。 Swift入門まとめペ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

ad

  •  Auther;わなび

     「オープン系得意だよね? 俺のPCの調子悪いんだけど」という無茶振りから解き放たれゲームエンジニアに。
    C#とかUnityを扱います。
    Twitterフォロー大歓迎です。
    githubアカウント→wannabenote
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑