*

[Oracle, NetBeans]NetBeansからOracleのテーブルを参照できるように設定するまで

公開日: : 最終更新日:2015/02/06 Oracle

IDEとデータベース

プログラムとデータベースというのは切っても切れない関係が多く、多くのIDEではデータベース接続をサポートしており、IDEからデータの内容を閲覧したりなどが出来たりします。

今回はNetBeansとOracleを接続してみます。
Oracleのインストールはこちら -> [Oracle, SQLDeveloper]Oracleの構築とSQLDeveloperを設定、GUIでテーブルを表示するまで
NetBeansのインストールはこちら -> [Java, NetBeans]NetBeansをインストールしてHelloWorldまで。

上記で作成したhoge.TABLE01が見れるように設定してみます。

利用したいjdbcドライバダウンロード

今回はjdbc6を利用します。
最新の場合はIDE上から選択できますが、他のものを利用する場合は適宜ダウンロードしておいてください。

データベース接続設定

左ベインのサービスタブを選択し、データベースを右クリックして、「新規接続」を選択します。
wannabenote

ドライバを「Oracle Thin」を選択して、追加をクリックします。
wannabenote

ダウンロードしたjdbcドライバを選択します。
wannabenote

怖いことを言われますが、そのまま次へ。
wannabenote

ユーザ名とパスワードを設定して、接続テストをします。
OKだったら終了を選択します。
wannabenote

左ベインのデータベースに新しい接続が出来ています。
ツリーを開いていくと、作成してあったTABLE01があるのがわかります。
wannabenote

ためしにinsertしてみます。
wannabenote

ついでselectして見てみると、ちゃんと新しいデータが挿入されていますね。
wannabenote

もちろんSQLコマンドラインから参照しても挿入されているのがわかります。
wannabenote

なお、IDEから実行するとExecuteCommitになるようですのでご注意ください。

ad

関連記事

logo

[Oracle].dmpファイルからデータをインポートする

データをもらったぞ さぁインポートだ。 .dmp だめぽファイルですって。もうだめぽ。

記事を読む

AS400_

[java, JDBC]AS400からOracleに接続をする

javaでAS400からOracleに接続する必要があったときのメモを清書。 AS400のPG

記事を読む

wannabenote

[Java, Oracle]NetBeansでojdbc6.jarに参照設定をし、JavaでOracleに接続する。

NetBeansでJavaでOracleに接続する そんなプログラムを作りたい。 というわけで作

記事を読む

wannabenote

[Oracle, SQLDeveloper]Oracleの構築とSQLDeveloperを設定、GUIでテーブルを表示するまで

Oracleを使い込む必要が出来たので、その備忘録です。 とりあえずはインストールから環境構築して

記事を読む

logo

[Java]DbUtilsでORA-12519エラー

DbUtilsを使ってたんですが、Oracleに対して処理するとORA-12519というエラーコード

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

ad

  •  Auther;わなび

     「オープン系得意だよね? 俺のPCの調子悪いんだけど」という無茶振りから解き放たれゲームエンジニアに。
    C#とかUnityを扱います。
    Twitterフォロー大歓迎です。
    githubアカウント→wannabenote
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑